リアライズブログ

多様なエンターテイメントが出現して本があまり売れない時代となりましたが、本を読む習慣を持つことは大切なことだと思います。文芸作品を中心にジャンルを問わず読んだ本を紹介していきたいと思います。

積ん読本が増えていく

昨日、近所にある紀伊國屋書店で13冊の書籍を購入しました。

f:id:kurakkaa:20200809133121j:plain

夏は角川文庫のカドフェス、新潮社文庫の100冊、集英社文庫のナツイチといったキャンペーンが目白押しでどこの書店でも入り口にずらーっと文庫が平積みされているのでついつい買いたくなってしまいます。

僕は特に欲しいというわけではないのですが、ブックバンドやうちわ栞といったグッズが貰えるのも嬉しいところです🎵

f:id:kurakkaa:20200809134133j:plain
f:id:kurakkaa:20200809134221j:plain

それはともかく、読書家あるあるだと思うのですが、書店に行くとついつい本を大量購入してしまい、部屋にまだ読んでいない積ん読本がどんどんたまってきています。

f:id:kurakkaa:20200809134625j:plain

他の、例えば服とか外食とかにはあまりお金を使いたくないのにどうして本だけこうも衝動買いをしてしまうのか…。

買ったはいいけど、読みはじめて失敗だったと思う本も結構あるんですが、どうしても止められません。

一種の買い物依存症かもしれないとも思うのですが、ブランド品のような高額なものでもないし、自分への投資だと思って勝手に納得しています。

日本中の買い物依存症の人達が本の大量購入に走れば出版界も活気が戻るのになんて良くないことをついつい考えてしまう今日この頃です💧