リアライズブログ

多様なエンターテイメントが出現して本があまり売れない時代となりましたが、本を読む習慣を持つことは大切なことだと思います。文芸作品を中心にジャンルを問わず読んだ本を紹介していきたいと思います。

三冊併読

読書好きの人の本の読み方にも色々タイプがあると思うのですが、一冊の本を集中して読むという人と、何冊かの本を併読するという人がいますね🎵


僕は自分がどちらが向いているのかよくわからないのですが、本を読める時間がたっぷりとれる時は三冊併読、逆にあまり時間が取れないときは一冊に集中して読むようにしています。


また、難解な本やあまり面白くないかもと思った本は他の本と併読して少しずつ読んだりしています。


コロナや猛暑で今日は休日にも関わらず外に出ることは憚れるので家でたっぷり本を読もうと思います。


「敗者たちの季節」あさのあつこ(角川文庫)

f:id:kurakkaa:20200820132205j:plain

甲子園を目指して野球に打ち込む高校球児たちの物語です。


史上初めて戦争以外で大会が中止になった今年ですが、せめて小説で高校野球を感じようと思います。


「泣くな道真~大宰府の詩~」澤田瞳子(集英社文庫)

f:id:kurakkaa:20200820133125j:plain


戦国時代や幕末を舞台にした歴史小説はよく読むのですが、平安時代を舞台にした小説はあまり読んだことがないので買ってみました🎵


菅原道真も名前は知っているけどどういう人物かよくわからないので興味がありました。

「美術展の不都合な真実古賀太(新潮新書)

f:id:kurakkaa:20200820133405j:plain

美術展がどのように開かれているのかその舞台裏を解説しています。海外と日本ではやり方に明確な違いがあるようです。


最近原田マハさんのアートミステリー小説にはまって、美術にも興味が湧いていたので読んでみようと思いました。


今日は読書三昧だ❗