リアライズブログ

将来が不安で仕方ないアラフィフ独身独り暮らしの男です。老後資金、親の介護、田舎の実家の相続問題、孤独死など、団塊ジュニア世代が抱える問題について勉強して少しでも不安を解消していきたい。そして学んだ知識や情報をアウトプットしていきたいと思います。

「2060未来創造の白地図―人類史上最高にエキサイティングな冒険が始まる」川口伸明(技術評論社)2380円+税

現代はインターネットなどのITの発達によって第3次産業革命とも言われる時代であり、急速に社会が変貌を遂げている真っ只中とも言えます。

また、人生100年時代とも言われ、今年50歳になる団塊ジュニア世代の僕もまだまだあと50年は元気で豊かな人生をおくりたい。

急激に変わりつつある世の中についていきながら健康で豊かに過ごすにはどうすればいいのか。

そのためには未来がどんな最新テクノロジーによってどの様な社会に移行していくのか知らなければならないと考えてこの本を手にとりました。

f:id:kurakkaa:20210130135935j:plain

今から40年後の未来の2060年はどんな世界になっているのか。

その時代は高度な通信技術と高感度、高解析度のカメラやセンサーによってあらゆるものがネットワーク化され都市や交通、宇宙や地球環境、生活や文化、エンタメなどあらゆるものが今とは違った姿に変貌しているかもしれません。

リアルとバーチャル、サイバーとフィジカルが一体化して人間の可能性はますます広がるワクワクできる未来になっていることが期待できると著者は述べています。

そんな未来を自分もこの目で見てみたい、体感してみたい✨
そのためには90歳になる2060年まで健康で元気に生きていなければいけません。

僕はこの本で特に健康や医療に関するテクノロジーに注目して読みました。

健康や医療に関するテクノロジーもこの本では数多く紹介されています。

・高感度カメラと高解析センサーのついた服や車で生体情報を常にモニタリングして体調管理

・生体認証でその時の体調や気分にあった飲み物や音楽、映像などがオーダーメイド出来る

・データアグリによる食品機能のデザインが広く行われ、様々な生体機能の改善や拡張が出来る

・五感を人工感覚として再現できるようになり、障害や事故、病気や加齢による身体機能の低下を恐れなくてもよくなる

・腸内細菌の研究が進み、個々人に合わせたオーダーメイド創製ができ、免疫増強やアンチエイジングメンタルヘルス、病気の予防や改善に効果的な製品が開発される

・マイiPS細胞を得ることができるようになり再生医療のオーダーメイド化がおこる

・ホーミングロボティクスによるナノ医療が出来るようになる

このような様々な事がこれから40年の間にどんどん出来るようになってくる可能性が高いとこの本には書かれています。

これらがどの時点でどのくらい実現されるのか、また、どれだけ一般に広まって、費用はどのくらいかかるのかといったことを常にアンテナを張って注目していきたいと思います。

人生100年時代あるいは100歳現役社会が叫ばれるようになりました。

自分は生まれてから50年、本はたくさん読んでいろんな知識や人の経験を感じたりはできましたが、今まで日本から出ることもなく、自分自身の経験は乏しく、人との出会いもあまり無く薄っぺらい人生を過ごしてきたという後悔があります。

それらを取り戻し、後悔の無い人生をおくるためにも健康や医療の最新テクノロジーと未来の社会がどう変化していくのかこれからも常に関心をもって見ていきたいと思います。